「Audible」が素晴らしすぎて退会した。

LINEで送る
Pocket

Audibleのお話。

 

Audible

 

昨年末、Audibleに加入した。

 

『Audible』とは、プロのナレーターが本を読んでくれるサービスである。

本を読むのが苦手という方、もしくはお子さんにも適しているサービスなのではないか。

 

文学、自己啓発、政治、落語までと幅広いジャンルをカバーしている。

残念ながら作品数はまだそれほど多くはないが、これから増えていくであろう。

また、Audible専用のコンテンツもちらほら存在するようだ。

 

月に1500円定額と大変使いやすく、本好きの私にとって素晴らしいサービスであった。

 定価で本を購入するより、だいぶお得であった。

 

 

耳で聞く

 

Audibleはその名の通り耳で聞くサービスだ。

本は字を追う必要があるが、こちらにはない。

よって、イヤホンを装着するだけで本が聞ける。

プロのナレーターが読んでくれるため、聞きやすい。

大事だと思われる個所に抑揚をつけ、決して平易な文にならない。

 

通勤、電車の中、ちょっとした空き時間で本を聞ける。

なんといっても、朝と夕方の満員電車内で本を開く必要がないというのが私にとって最大のメリットであった。

 

 

Audibleは素晴らしい。

 

その特異性から、「ながら~」ができる。

洗濯をしながらAudible

勉強しながらAudible

ジムで走りながらAudible

 

機能も素晴らしい

 

特にお気に入りの機能は早送りだ。

2倍で聞くことで、なんだか自分の頭の回転も速くなった気がする。

 

 

 やめた

 

無料期間だったこともあり、しばらくはAudibleな毎日が続いた。

何をするにも、耳では必ずAudible。

 

自己啓発、英語、小説、何でも聞いた。

その時期の私は日本屈指のAudiblerであった。

 

ある日私は気が付いた。

 

「内容が全く頭に入っていない」

 

Audibleで聞いた内容が自分の中でまったく再構築されていないのだ。

なぜか。

おそらく、「ながら聞き」のせいかなと思う。(もちろん、私自身のせいでもある)

 

本を読むときは目が文字を追っているため内容がスラスラ入ってくるが、耳で聞くとほかの情報が多すぎて処理しきれないのではないか。

 

Audibleを聞くと、さも自分の頭がよくなったかのような錯覚に陥る。

当然ながら、これは幻想だった。

 

私の場合、Audibleを聞くとどうやら頭が働かなくなるらしい。

試しに、聞いた後すぐ内容を思い出そうとしてみてもうまくいかない。

 

 

今までAudibleを聞いてなかったときは何をしていたのだろうか、思い出してみる。

電車のつり革に掴まりながら、何をしていたか。

私は何もしていなかっただろうか。

 

私は、「考えていた」と思う。

それは、他愛のないことだったかもしれない。

 

あの人職業は何だろうとか、あのお姉さんキレイだなとか、あの店今度行ってみよっかなとか、今日寝るまでにこれこれをやっとこう、などだ。

 

Audibleを聞き始めてどうなってしまったか。

私は、何も考えなくなってしまった。

ただ耳から流れる音を聞き流すだけの人間になってしまった。

 

気が付くことができてよかった。

私はAudibleを解約した。

 

 

あとがき

 

便利さゆえに、「考える」ことを放棄してしまう。

携帯を「使っている」つもりが、無意識に携帯を開いていて、むしろ「携帯に使われて」いる。

 

無意識とは怖いもので、自分ではその症状に気が付きにくい。

自分が携帯、またはゲーム依存症であると気が付くことは難しい。

もし知った時には治療が困難かもしれない。

 

インターネットは、私たちの暮らしを便利にしてくれた。

しかし同時に、私たちの「考える力」は衰退している。

気を付けよう。
  
 

  

LINEで送る
Pocket

Leave a Reply

Your email address will not be published.