Linux環境作る。

LINEで送る
Pocket

プロングラミングの環境構築って本当にめんどくさい。

 

初めに

 

クローラー作ってみたくて本を買ったが、Mac OS用だった。

「Linux環境を整えろや」って書かれていた。

Windowsだけで今までやってたけど、これあったほうが後々いいっぽい。

というわけで、環境構築しました。

centosとやらを入れる。

今日はそのやり方書く。

 

 

インストールするやつ

 

・Virtual box(https://www.virtualbox.org/

・Vagrant(https://www.vagrantup.com/

 

今日の目標は、環境を整えること。

Virtual box + Vagrantで環境作る。

ちょっとめんどかったが、Google大先生のおかげでどうにかなった。

 

やる前に

 

Windowsで仮想化が有効かどうかチェックする。

タスクマネージャー→パフォーマンス→仮想化の項目をチェック

 

 

 

 

 

 

 

 

こうなってればおっけー。

無効だったらBIOSいじらないといけないからちょっとめんどい。

使ってるメーカーによって違うっぽいので各自がんばる。

「VAIO(自分のやつ) + BIOS + 仮想化」などでGoogle先生に聞こう。

 

 

「Virtual box」

 

何それ

・仮想化ソフトウェア

・OS入れれる

大体のパソコンはWindowsかMac OS使ってる。

これ使うと自分の持ってるパソコンに仮想環境作って、他のOS入れれる。

パソコン in パソコン的な。

 

インストール

Virtual box(https://www.virtualbox.org/)からダウンロード。

インストール途中で「このデバイスソフトウェアをインストールしますか」って聞かれるので、「信頼する」にチェックしてからインストール。

 

 

「Vagrant」

 

何それ

読み方は「ベイグラント」。ヴァグラントじゃないのか。

環境を作るうえでいろんな設定をしてくれる。

後から気づいたけど、別にこれなくてもできる。

その場合、Virtual boxとUbuntuのISOを自分でダウンロードとするっぽい。

今回はVagrant使ってやってみる。

 

インストール

Vagrant(https://www.vagrantup.com/

こっからダウンロードしてインストール。

 

 

Coffee break

 

インストール結構時間かかるので、漫画でも読みましょう(この後はもっと時間かかるよ)。

これなんかおすすめ

 

 

 

Vagrantを使って仮想環境作る

 

こっからはコマンドプロンプトで作業

まず適当なディレクトリ作ってそこに移動。

 

例)ユーザー名にscrapingディレクトリを作成する

c:\Users\名前>mkdir scraping

>cd  scraping

 

次にBOXをダウンロード

>vagrant box add centos7 

結構時間かかります。

 

そうしたら、Vagrantfileを作成します。

>vagrant init centos/7

 

よくわかんなかったらここ見てね

(https://seven.centos.org/2016/12/updated-centos-vagrant-images-available-v1611-01/)

 

 

はいおしまい。

 

後はコマンドプロンプト上でvagrant upとして起動するだけ。

idとpassはともにvagrantです。

 

これで終わりですが、デスクトップを表示させます。

以上です。お疲れさまでした。

 

忘れてた。

最後にstartx で。

 

これでほんとに終わりです。

ただ、GUIは重いから入れなくてもいいかも。

 

LINEで送る
Pocket

Leave a Reply

Your email address will not be published.