英会話の上達にはネイティブと会話しないといけないの?

LINEで送る
Pocket

よく聞く質問「やっぱりネイティブと話さないと英語上達しないよね」

初めに結論を言ってしまうと、答えはノーです。

今日は英会話上達に対する考えを書いていきます。

 

 

「やっぱりネイティブと話さないと英語上達しないよね」

 

さて、上記の質問(発言?)、僕は今まで何度も聞いたことがあります。

なぜかネイティブと話さなければ上達しないという先入観のある人。

時には本当に英語が上達したくて、でも自分がうまく話せない。その言い訳として「自分はネイティブと話す機会がないから英語が喋れないんだ」って考えちゃう人。

人によってその意味するニュアンスは若干変わりますが、僕にはどれも「自分が英語を話せないことへの自己弁護」にしか聞こえません。

「自分は大学受験で結構英語勉強して、大学に入ってからもぼちぼち勉強して、TOEICもまあまあ取れてる。教科としての英語にはちょっとだけ自信がある。でも英会話ができないんだよなー(それはやっぱりネイティブと話してないからだ)。」

 

 

「英会話上達したい」

 

「英語が喋れるようになりたい」というのは誰もが1度は考えたことがある悩みですよね。

で、大体半分以上の人はただ何もせずぼーっと毎日を過ごしていきます。

で、少数の人だけが実際に行動に移ります。

具体的には、

  • NOVAやECCなどの英会話学校に通う。
  • SKYPE英会話などを始める。
  • お金と時間と情熱のある人は海外の語学学校へ留学する。などです。

実際に僕も1か月という短期間ですが語学学校に通って、SKYPEの英会話も毎日受けています。

 

 

ほんとのとこどうなの?

 

それらの経験を踏まえたうえで果たして本当に英会話ができるようになるにはNATIVEに教わるのが近道なのか?

絶対にそんなことはありません。

 

僕が英会話において最も上達したと感じるのは、語学学校に通っていた時です。

語学学校に通ってたらしゃべれるようになるのは当然じゃんとか言わないでください。

僕はカナダという土地にいながら、ネイティブと話した記憶があるのはピザ屋とスタバでの注文だけです。

僕のコミュニティーに、英語ネイティブは一人もいませんでした。

語学学校の生徒はみんなノンネイティブです。

発音も、文法もめちゃくちゃな人もいました。

でも僕の英会話力は飛躍的に上がりました。

僕より英語ができない人との会話でも、僕の英会話力の上達には大きく貢献してくれました。

 

 

結論

 

結論を言うと、英会話で大切なのは、「量」です。

正しくなくたっていい。間違ってもいい。まずは英語で実際に発言しまくる。

これをわかっている人がほんとに少ない。

「ネイティブと話したほうがいい」とか考えるのはそのあとです。

まずは量をこなす。質はある程度まではどうでもいい。

英会話が上達しなくて悩んでる暇があったら今すぐに行動しましょう。

行動はなんでもいいです。

独り言で英語しゃべってみるでもいいです。

SKYPE英会話始めるのでもいいです。

「なに言ってんだこいつ、この記事意味わかんねーよ」ていう批判を英語で言ってみましょう。

 

英会話が上達したければ、量をこなしてください。

 

なんか論点がだいぶずれてしまったような気がしますがまあいっか。

LINEで送る
Pocket

Leave a Reply

Your email address will not be published.