最近購入した英語教材

LINEで送る
Pocket

英語関連の本をいくつか新しく買いました。

 

IMG_1009[1]

 

左から『TOEIC金のフレーズ』、『TOEIC公式問題集』、『American Accent Training』の3冊です。

 

 

・金のフレーズ

TOEIC単語集の中で最も評価が高かったので購入。

以前weblioのTOEIC単語テストで860点クラスだったのですが、ぱらっと見た感じ9割以上の単語を知っていました。

まあまだしっかりと取り組んでいないので、一通り完璧に仕上げたらレビュー書きます。

しかしこの単語帳を見た感じ、TOEICの単語に関してははあまり問題なさそうですね。

よかったよかった。

 

 

 

・TOEIC韓国公式問題集

なんでも日本の公式問題集と全く同じものが1つ入っているとか。

5個も模試ついてて日本のよりもめっちゃお得。

説明は全部韓国語なんで読めないです。

リスニングの全文スクリプトがついているから問題はないんですけど。

で、1回目の模試を解いてみたのですが、予想スコアは850~900くらいでした。

まあ初めて模試解いたにしては、思ったより良かったです。

目標は860と言っていたのですが、これなら簡単に越えられるかな。

 

リスニングは集中力の問題ですね。

本番調子よければ満点も夢じゃない気がします。

ただ、聞きなれないアクセントがたまに入ってくるのでそれがどうなんだろ。

 

問題はリーディング。

パート5の文法問題が全くできませんでした。

今まで英会話にばかり気を取られていたので、TOEIC受験を機に文法一通り見直した方がいいかも。

長文は問題なし。

長文読解あまり好きではないのですが、内容よりもスキャニングとスキミング力って感じですね。

まあ、あと4回分問題あるんでそれを解いてからですかね。

 

 

TOEICの問題集を1回分解いてみた感想としては、そんなに難しくないなって思いました。

去年ちょっと取り組んで挫折したケンブリッジ英検CAEの方が遥かに難しかったような。

もしかするとFCEより簡単かも。

 

あと1か月ちょっとあるのでちょっとずつTOEICの勉強継続します。

 

 

 

・American Accent Training

まだ開封すらしていません。

これを始めるのは英語喉が終わってからですかね。

英語喉の方はやっと半分くらいまで終わりました。

ただ、『風キャッチ』とか『喉ポップ』は理解できていませんし感じてもいません。

テキストとか1通りバーッてやっちゃうタイプなのですが、立ち止まって1つずつ理解しながら進めていった方がいいのかな。

まあ、英語喉半分終わった感想としては「なんか胡散臭い」ので、1週目終わったらたぶんAmerican Accent Trainingにシフトします。

 

 

 

 

 

 

最後に、英語喉の弁当ボックスの音源載せておきます。

聞かれるの恥ずかしいのでここに持ってきました。

2週間くらい前の英語喉に取り組み始める前の音源です。

1通り読み終わったらまた新しいのアップします。

恥ずかしい。

LINEで送る
Pocket

Leave a Reply

Your email address will not be published.