「小銭」と「紙幣」どっちが先か。

LINEで送る
Pocket

banknote-15801_1280

 

 

コンビニで買い物して、1万円で支払いました。

お釣りをもらうとき、「小銭」を先にもらうのと「紙幣」を先にもらうのとではどちらがいいでしょうか。

 

どっちがいいかちょっと考えてみてください。

必ずどちらか選んでくださいね、「そんなのどうでもいいわ。」ってのは無しで。

 

 

先にお札派

 

「お先に大きい方から~」というフレーズはよく耳にしますし、僕の経験としてはお札からの方が多い気がします。

「お先に細かい方○円でーす」ってのはなかなか聞かないですよね。

実際に、コンビニなどで店員さんはお札から返すことが多いようです。

例えばお釣りが1720円だとすると、720円→1000円よりも1000円→720円と考えるのが自然だからです。

「せんななひゃくにじゅう」と、頭で反芻し、そのままお釣りとして出すというわけですね。

 

心理的側面

 

次に、お釣りは先にお札がいいと考える客の気持ちを考えてみます。

これは、心理的な側面が大きい気がします。

つまり、客としては価値の高い方を先に受け取りたいというわけです。

 

例えば駅で切符を買った時や、ATMで1万500円下ろす時のことを考えてみてください。(なんだその500円はっていう突っ込みは無しで。)

おそらく、先にお札を財布の中にしまうと思います。

機械から出てきたばかりで、いわば野ざらしになっているお金を、自分の財布に入れた時点で初めて安心できる。その際、「価値が高いものを先に財布に入れて安心したい」と考えることは自然ですよね。

 

 

お釣りは先に小銭から欲しい

 

しかし、僕は小銭を先にもらいたい派です。

最大の理由は、そちらの方が効率的だと考えるからです。

 

自分がレジで代金を支払う姿をイメージしてみてください、代金は1280円です。

先にお札を財布から出しませんか?その後、細かい小銭で調整すると思います。

ですので、今あなたの財布は小銭入れが開いているのです。

この時、お札を先にもらうと小銭入れを閉じなければなりません。

これはめんどくさい。

 

お札を支払う→小銭入れを開け支払う→小銭入れを閉じる→お釣りとしてお札をもらい、しまう→また小銭入れを開け、お釣りを入れる。

小銭入れを開ける動作を2回行わなくてはなりません。

 

一方、先に小銭をもらうと、

お札を支払う→小銭入れを開け支払う→そのままお釣りをしまう!!→お札をしまう

小銭入れは1回の開閉で済みます。

こちらの方がスマートですよね。

なので、私はお釣りは先に小銭から欲しい派です。

 

 

第3派閥、「お札の上に小銭」

 

最近、僕はこっちの派閥に入ろうかと悩んでいます。

お札の上に乗った小銭をそのまま滑らせ財布に入れ、勢いを減速させずにお札を財布にしまうその所作は見ていて非常に優雅でエフィシェントです。

 

定員さんとしては、お札の上に小銭を乗せさらにそれを手渡すとなると超人的なバランス感覚が必要とされますが、ぜひ積極的にこの派閥を浸透させていってほしいと思います。

 

これ以外にも、お札と小銭の間にレシートをサンドウィッチするといったさらに高尚な技術に遭遇すこともあります。

また、使っている財布の種類によってお客さんの意見も分かれることが予想されます。

店員、お客双方にとってのお釣りの渡し方は、物議を醸す問題ですね。

 

 

まあ、どっちが先だろうが正直どうでもいいんですけどね。
 

  

 

LINEで送る
Pocket

Leave a Reply

Your email address will not be published.