MOOCで世界中の有名大学の講義を受けてみよう!

LINEで送る
Pocket

インターネットの普及により教育の在り方もだんだんと変わってきているように思います。

『MOOC』とは、今までの「教室で黒板に向かって授業を受ける」という常識を大きく変えてしまう可能性を持った注目のオンラインサービスです。

この記事では今世界中で大きな話題となっているオンライン講座『MOOK』についてまとめました。

MOOKとは?

 

MOOCとは、「Massive Open Online Course」の略で、インターネットを通してだれでも教育を受けることができるサービスです。

これにより、東大、京大といった日本の有名大学のみならず、Harvard University,MIT、Stanford Universityといった、世界中の超有名大学の講義を受けることができます。

その大きな特徴は「無料」で、「誰でも」、「好きな時間に」、「好きなだけ」学べるというところです。

「最高の教育を世界中の人々に」「教育の不平等の解消」

MOOCは教育を大きく変える夢のようなサービスです。

 

 

どのMOOCに登録するか。

MOOCは世界中にいくつかあり、以下に僕も実際に使っているものを挙げておきます。

「JMOOC」

http://www.jmooc.jp/

日本語で授業を受けることができる唯一のMOOC。

「coursera」

https://www.coursera.org/

世界で最も受講者数の多いMOOC。

 

「edX」

https://www.edx.org/

HarvardとMITによるMOOC。

 

 

最後に

 

MOOCは本当に素晴らしいサービスです。

インターネットの無料講座ながら、大学で学ぶよりも、楽しい講義がいくつでも見つかります。

また、自分の専門分野以外が学べるというのも大きな魅力ですね。

文化、ビジネス、サイエンス、学ぶことのできるテーマは無数にあります。

 

ただ、もちろん欠点もあります。

どうしても講義の内容が広く浅くなってしまって、大学の3・4年で学ぶような専門的な内容はまだまだ充実していません。

個人的には、MBAと全く同じレベルの授業がもっと充実して、高いお金を払ってMBA留学に行く必要がなくなればいいなと思います。

あともう1つの欠点は、多くのすばらしい講義が英語であるという点でしょうか。

日本人が始めるのにはとても敷居が高いような気がします。

MOOCで「英語」の授業があったりしたらおもしろそうですね。

 

いずれにせよ、MOOCはこれからの教育を大きく変えてしまう可能性のあるサービスです。

興味がある方、もっともっと学びたい方はぜひ有効活用してください。

LINEで送る
Pocket

Leave a Reply

Your email address will not be published.