大人の教養を学んでみた。

LINEで送る
Pocket

NHK出版新書から出ている池上彰さん著「おとなの教養」を読んだのでレビュー書きます。

 

はじめに

 

そもそも「教養」って何ぞや

「常識」とは何が違うの?

「教養学びなよ。」とか、「そんなの常識でしょ。」とか、「世間知らずだよね。」ってたまに言われるけど、じゃあどうすればいいのさ。

「教養」って生活の中で学ぶもの?

それともタイトルに「教養」という文字が入っている本を100冊くらい読めば教養が身につくの?

 

「教養」って言われたってピンと来ない!

でも、なんとなく「教養のある大人」になりたい。

「教養」の正体はなんかよくわかんないけど学んでみたい!

 

と思ったので、アマゾンで「教養」と検索し1番売れている本書を読んでみました。

 

池上彰氏によれば教養とは「自分を知る」事だそうです。

表表紙に氏の写真付きで、

『教養とは「自分を知ること」です。』

と書いてあります。

ちなみに副題は「私たちはどこから来て、どこへ行くのか?」

 

つまり、この本を読めば「教養」を学べて、「自分のことも知ることができる」と。

一石二鳥!!

 

 

本の構成

 

リベラルアーツ

 

さて本書ですが、7つの題目に分けられています。

それぞれ宗教、宇宙、人類の旅路、人間と病気、経済学、歴史、日本と日本人、の7つ。

この7つは池上彰さんオリジナルで、リベラルアーツを元にしているそうです。

「リベラルアーツ」とは、ヨーロッパで学問の基礎だとみなされたもので、この7つを学ぶことによって昔は「教養人である」と言えたのですね。

要は、「自分で考え、自分の理論を展開する能力を養う学問」と僕は解釈しました。

 

さて、この「リベラルアーツを」現代版にアレンジしたのが先ほどあげた7つで、それを解説したのがこの本です。

現代版リベラルアーツを学びましょうってことですね。

 

あと結構気に入った言葉があったので引用させてもらいます。

小泉信三さんの言葉だそうです。

 

「すぐに役に立つことは、世の中に出て、すぐ役に立たなくなる。すぐには役に立たないことが、実は長い目で見ると、役に立つ。」

 

なんか深い。

科学の発展のスピードはすさまじい。

最先端の技術や知識を習ったところで5年もすればそれは古いものになってしまう。

そんなものを学ぶのであれば、もっと根本的な、どんな変化にも対応できるような「教養」を学びなさい、って感じでしょうか。

 

宗教

いきなりヘビーな題目です。

ユダヤ教、キリスト教、イスラム教はどのようにして生まれたか。

3つの違いってなんだろ。

「旧約聖書」、「新約聖書」って何が違うねん。

日本人ってどの宗教に属しているの。

上座部仏教?大乗仏教?

浄土宗?日蓮宗?

「南無阿弥陀仏」、「南無妙法蓮華経」の意味って何。

そもそも自分の信じる宗教ってなんだ。

というような疑問を解決してくれます。

 

宇宙

昔の人々は地球は神様が作ったと思っていた。

地球も、人も、自然も全部神様によって作られたもの。

自分たちを乗せている地球が動いているなんて夢にも思っていなかった。

 

人々は神様が作ったこの世界の規則性を明らかにしたいと思った。

そして科学は生まれ、コペルニクスによって地動説は唱えられた。

 

また、人々は「宇宙」についてもどんどん明らかにしていった。

宇宙はどんどんと膨張していることがわかり、じゃあ宇宙の1番最初はただの点だったんじゃないの?

という仮説が生まれた。

 

人間、地球、宇宙の誕生とさかのぼり、「私たちはどこから来たのか?」という問いに宇宙スケールで答えることができるようになった。

っていうお話。

 

人類の旅路

最近の研究では、人類の祖先はアフリカ大陸で出現したという説が有力です。

なんでそんなことが分かったか。

その鍵は我々の細胞の1つである「ミトコンドリア」を調べることによって明らかになったとか。

科学スゲー。

そしてアフリカで誕生した祖先はその後中東、ヨーロッパ、アジア方面へと移動していきました。

っていうお話。

 

人間と病気

なんで病気なんて学ぶのか。

なんで教養の本に病気が入っているんだ。

って僕も思いました。

はい、必要です。

本にも書いてあるように、病気は歴史に大きく影響を及ぼします。

花粉症、インフルエンザ、スペイン風邪。

自分を知るためには病気の知識も大切。

ってお話。

 

経済学

自然界には法則があった。

だったら、我々人間の作る社会にも法則はあるはず。

市場の法則を導き出そうじゃないか。

と考える人が出てきました。

 

人々、企業等の活動によって経済は動きます。

その働きを導き出そうじゃないか。

ってお話。

 

歴史

日本史?世界史?

教科書に記述されている情報はすべて正しいの?

正しい歴史ってなんだ。

昔学校で習った歴史が最近は違うらしい。

 

歴史は、昔の人たちから書物、口頭で伝えられてきたもの。

とすれば、抜けがあるのは当然だし、時代の権力者中心の歴史になってしまうのはしょうがない。

文字がない時代であれば歴史を記すことはできないし、権力争いに破れても歴史を残せない。

 

歴史、過去に学び自分を見つめなおしましょう。

ってお話。

 

日本と日本人

「ニホン」?「ニッポン」?

「日本人」の誕生。

海外と日本の関係は?

自分でもわかっているようであまりわかっていない日本について学びましょう。

ってお話。

 

感想。

 

なんかレビューじゃなくて紹介文になってしまった気が。

ここまで書くのに疲れたんで手短に書きます。

7つの章に分かれているだけあって各章が薄くなってしまうのはしょうがないとは思うのですが、結構楽しめました。

池上さんの文章が読みやすいというのと、前提知識がなくてもいいというのが大きいですね。

とくに宗教の章が面白かった。

宗教ってのは、その地域の環境に大きくかかわっていて、なんで日本には八百万も神様がいるんだろーって考えたことありませんか。

日本独特の環境に答えのヒントがあったのですね。

 

この本たぶん中学生でも読んで楽しめると思います。

もちろん僕たち大人も。

自分の身の回りで起きている事って実はなんかよくわからないことの方が多いですよね。

ニュースなどを見ていても、表面的な理解だけでわかった気になっちゃう。

この本は、大人が教養を学ぶ第一歩にぴったりだと思います。

不思議だ、わかんないと思った物事に対し、自分で調べて、考えて、答えを出せるようになりたいですね。

レビューおわり。
 

LINEで送る
Pocket

Leave a Reply

Your email address will not be published.