勉強の習慣化

LINEで送る
Pocket

テストも終わってついに春休み突入。

 

これから2か月間春休み。

これ冷静に考えるとすごいです。

僕の通う大学は夏休みと春休みが鬼のように長いです。

合わせて丸々4か月くらいですかね。

ただ、春休みに関しては入試があるので、大体どこの大学もこれくらいの期間になるのかな?

 

今までの大学生活(まあ高校でもそうだったのですが)を振り返ると、本当に無駄な時間ばかり過ごしてきたなと思います。

昔に戻ってグータラグータラと非生産的な生活を送っていた自分を今すぐにでも叩き直してやりたいです。

まああれはあれで楽しかったんですけど。

 

 

今回の春休みは勉強に費やす予定です。

英語、フランス語、スペイン語、USCPAと。がんばるぞ!

 

 

で、今日は勉強の習慣化のお話。

何事も、毎日の積み重ねが大切。

勉強に限らずなんでもそう。

モチベーション維持とも似てるけど、習慣化することって実は1番の最優先事項なんじゃないかなと思う。

 

 

でも、やっぱり習慣化って難しい。

毎日何かを続けることそれ自体ある種の才能が必要なんじゃないかってくらい難しい。

 

 

で、僕自身もいろいろと試行錯誤を繰り返しながらやっています。

だって1日中家に閉じこもっているのはつらいから。

 

 

最近は、学校の図書館に行っています。

学校の図書館はすごい。

なんで今まで有効活用しなかったのか不思議なくらい。

まず設備、日吉には劣るけど大体なんでもある。

音がなくて静かだし、コンセントあるし、コンセントあるくせに地下は電波が届かないから携帯をいじらなくてもいい。

なによりも周りの集中力がすごい。

慶應生って要領よく最低限の努力で最低限の課題をこなすイメージだったけど、ちゃんと勉強してる人はしてるんだなと思った。(自分の学校なめ過ぎ)

自分もちゃんとしなきゃって刺激になる。

ただ、机の上にビジネスから歴史、哲学書までやたらめったら積んでる人みると何やってんだこいつ?って思うけど。(人のこと言えない)

 

 

ちょっと話がそれた。

要は、環境を変えるって非常に重要だと思う。

特に周りの空気は大切。

これは僕の受験の経験から言えることだけど、周囲に勉強してる人がいると自分もってなる。

こういうの心理学用語でなんていうんだっけ。わすれちゃった。

 

 

いつもみたく中途半端な記事になってしまいました。

まあいいや。

 

LINEで送る
Pocket

Leave a Reply

Your email address will not be published.