全書籍送料無料!!ブックデポジトリー(Book Depository)で洋書を買おう。

LINEで送る
Pocket

今日は僕が普段使っている『Book Depository』というサイトを紹介します。

本当に便利なサイトなので、海外から本を買うのは心配だという方にもわかりやすいように使い方をまとめてみました。

さて、洋書買うとき皆さんどこで買ってますか?

Amazonを使う人が多いのではないでしょうか。

でもAmazonってやっぱり洋書の数あまり多くないですし、ちょっとお高めですよね。

最近僕は全部の本を『Book Depository』から買っています。

bookdepositoryは、一言でいえばイギリスの超大型オンラインブックショップです。

大量の本が買えるのですが、なんと日本まで全商品送料無料で送ってくれます。

こちらからどうぞ。

http://www.bookdepository.com/

 

この記事では、bookdepositoryの使い方をまとめました。

Book Depositoryまとめ

Book Depositoryのいいところ

  • 商品数が多い!

タイトルはなんと1000万冊以上。

さらに、新品だけでなく中古の本も探せます。

このサイトで買えない洋書はないのではないでしょうか。

  • 安い!

なんといっても日本で買うより安いです。

たまにセールなどもしているので、50%オフで買える時もあります。

  • 全商品送料無料!

個人的に1番の魅力です。1冊だけでも10冊買っても無料です。

  • 各種クレジットカード、さらにPayPalが使える!

PayPalが使えるので、クレジットカードを使うのが不安な方でも安心です。

 

ちょっとダメなところ

  • 到着が遅い。

これは海外からの発送なので仕方ないかもしれませんが、1週間から2週間かかります。

  • 1冊1冊個別で送ってくる。

複数冊買っても、1冊ずつ家に届きます。

 

実際にBook Depositoryを使ってみる。

それでは、実際に買ってみましょう。

今回は僕が今勉強しているフランス語とスペイン語の文法書を買ってみたいと思います。

まずはサイトにアクセスします

http://www.bookdepository.com/

無題

こんな画面になると思います。

右上の所から表示通貨をJapanese yenにます。

真ん中上部の検索欄から好きなタイトルを入力し、Find bookを押して検索します。

 

 

adf

add to basketを押すとバスケットに商品を入れることができます。

本のタイトル名をクリックすると本の詳しい説明に飛びます。

 

 

adfd

右上にあるGo to Basket/Checkoutをクリックするとこんなページになります。

タイトル、数量を確認してからCheckoutをクリック。

 

 

adfdx

囲ってあるところを全部入力します。

住所入力の例(東京都北区赤羽1-2-34の場合)

Full name Taro Yamada

Address line1 1-2-34, Akabane

Address line2 マンション名と部屋番号

Town/city Kita-ku もしくは Kita-city

County/State Tokyo

Postcode/Zip 123-4567

 

こんな感じで入力していきましょう。

全部入力したら Buy nowをクリック。

確認画面になるので、あとは画面の指示に従ってください。

 

洋書に興味がある方、海外でしか売られていないアートの本などを買いたい方はぜひ使ってみてください。

LINEで送る
Pocket

Leave a Reply

Your email address will not be published.