単語について

LINEで送る
Pocket

最近単語の強化中です。

 

「最後にものをいうのは単語力」ってよく聞きますが、本当にその通りだなと思います。

SAT用のボキャブラリー本を読んでも3割くらいしか知っている単語がない、言い換えるとネイティブの普通に大学に通っている人たちが最低限知っている単語を知らない。

さらにイディオム、コロケーションなどを含めるとおそらく一般人の半分以下の単語力しかない。

こんな貧弱なボキャビュラリーでは自分の理想とするレベルにはまだまだ及ばないと気付いたのが去年の8月くらいです。

 

で、日本に帰ってきて今年に入ってからまじめにボキャビュラリー強化に取り組んできました。

 

 

今単語帳として使っている教材は2冊です。

1冊目Instant Word Power

2冊目1100 Words You Need To Know

 

 

毎日少しずつ取り組んでいるので、すべて覚えきるにはまだまだ時間がかかりそうです。

 

 

それで今日は単語の話。

 

1か月経っていないにもかかわらず、限界を感じてきました。

というか、あきらめが入ってきました。

というのも、僕は英語に関しては10くらいの教材を同時進行で勉強しています。

単語帳、Podcast、洋書などを含みます。

で、全ての教材に毎回知らない単語が入ってきます。

最初のうちはAnkiとかに突っ込んでたりもしたのですが、今度は復習する時間がないことに気付きました。

長期記憶に定着させるためには復習が必要です。

毎日のタスクをこなしていたらそれだけで復習する暇なんてありません。

日ごとにAnkiのページ増えてくし。

さらに僕の場合フランス語、スペイン語も毎日3~4時間勉強しているのでもうAnkiなどの単語カードは正直やってられません。

また、2月に入ったらUSCPAの勉強も開始したいので、そうなると完全にキャパオーバーです。

 

というわけで、あきらめました。

 

 

で、どうしたか。

上記の2冊に関してはしっかりと取り組んでいます。

  • 長期記憶に残すのを目標に単語帳を1日1時間こなす。
  • Podcast、リーディング教材、洋書などに出てくる新単語はその都度チェックする。でもAnkiなどは使わず、もう忘れるのはしょうがないと割り切る。

こんな感じでやっていきたいと思います。

これで行き詰まったらまた別の方法考えます。

 

 

それにしても外国語の学習には終わりが見えません。

英語に関しても去年4月から勉強を始めて、語学学校にも短期だけど通って、気付いたのは自分がいかに英語ができないかってことだけ。

やればやるほど先が広くなっていくイメージです。

 

だからおもしろいんですけどね。

LINEで送る
Pocket

Leave a Reply

Your email address will not be published.